おでかけ

【トミカ博を攻略せよ】混雑回避でほぼ最短!トミカ博に行ってきた実践レポ!

トミカ博行ってきました!

実はまだトミカよりプラレールが好き!?な2歳児はーくんのパパ、はーパパ@papaiku02です!

トミカ博に行ってきました!(何度も言う)

広島でトミカ博(トミカ博 in HIROSHIMA
~はたらくクルマだいしゅうごう!!~)があるということで、電車や車が大好物の2歳児ボーイを持つ親として、これは是が非でも行かなければと思ったんですよ。

事前の計画でノンストレス最短記録を叩き出したので実践レポします!ぜひ参考にしてみてください!

トミカ博 下調べの書

調べてみるとこれがまぁ地方であろうとものすごい勢いで混雑すると、そんな情報を入手した訳です。

  • トミカ博楽しみたいけど…
  • あんまり長い時間並びたくない!
  • そもそも子どもが長い待ち時間我慢できない!

わたくしもハッキリ申しまして、

並ぶのとか待つのとかメチャクチャ嫌いです。

なんかの発売日とかライブとかで一日中並んでるのとかちょっと信じられないです。

というわけで、いかに並ぶ時間を短くできるか。これがイライラせずに楽しめるかの肝になるわけです。

どこで開催されるトミカ博に行くにしたって、

walttravelerさんの下記の記事がメチャクチャ参考になります!

ので、まずは目を通してみてください!

 

結論から言うと、このwalttravelerさんの記事を読んで実践すればほぼ間違いないです!

今回の実践レポはそれを証明するレポになりました。これはもう、

ほぼ最短記録を達成した!?

のではないでしょうかね!?

トミカ博 計画の書

  1. チケットは前売券をあらかじめ買っておく!
  2. 駐車場や開場前の混雑を避けるため、10時開場に対して8時半現地到着を目指す!
  3. 展示ゾーンは一旦スルー!まずは最も混雑が予想されるアトラクションゾーンへ直行!
  4. アトラクションゾーンの最優先は「トミカ組立工場」!
  5. その後は混雑の状況次第で、別のアトラクションまたはショッピングゾーンへ!
  6. 展示ゾーンは一番最後に!

以上が計画書です。

この計画書をもとに行動してきました!さて結果はどうだったのでしょうか?

それでは実践の書を、

2つの誤算

と併せてご覧ください!

トミカ博 実践の書

それでは実践レポです。

2つの誤算がありましたのでそこに注目してご覧ください!

自宅から現地会場まで

10時開場に対して8時半到着を目指して出発!

特に渋滞などもなく、現地でも最も近い位置の駐車場にすんなり入ることができました。

駐車場に車を停め実際に会場入口前に着いたのが予定よりちょいオーバーの8時40分頃

みんなはえーわ…。

すでに30〜40家族くらいは並んでました!個人的にはかなり早めに着いたつもりでしたが侮っちゃダメですね。

開場までの待ち時間から開場まで

さて、並ぶのが嫌いとお伝えしましたが、開場までの1時間あまり。この部分はしょうがないです、あきらめましょう。

もともとこの時間は子どもにおにぎりでも食べさせながら自分も朝ごはんを済ませようと思ってましたので、それで時間つぶします。

気になっていたアトラクションに参加するためのプレイチケット

このプレイチケットの購入を入場後にいかに迅速に行うかが鍵だなと思っていたのですが、開場前の待ち時間にスタッフのおねーさんたちが順番に販売にきましたので迷わずここで11枚綴り1,000円を購入!

気になっていたことも解決したし、子どもにご飯でも食べさせるかとおにぎりを開けていた矢先に、

ひとつめの誤算

その日の状況次第で開場時間が早まるって情報はあったんです。

僕はこれが実施されるとしても10時開場予定に対して9時半と予測してました。

が、予定の10時から1時間も早い9時開場!

  • 早く到着しといてよかった!
  • しかも待ち時間も減ってありがたい!

のですが、ゆっくりとですが並んでる行列が進みながら、つまり歩きながら。

子どもにおにぎりをひと口かじらせるだけで朝ごはんタイム終了…

車の中で朝ごはんを済ませておくなど、

もう少し予測と対策が必要でした。

そして入場!その前に記念トミカ配布

9時に開場となり、朝ごはんを逃しアワアワと前に並んでいた人たちに続いて進むと、

入場チケットの確認と併せて入場記念トミカが配られてます

  • TDM ツナグーン
  • UDトラックス コンドル

今回2種類あったのですが、子どもに

どっちがいい?

って選ばせてる時間はないです。そうです、

一刻も早く入場してアトラクションに向かわねば!

僕と嫁ちゃんの2人分もらえるので(子どもは2歳なので入場無料のため対象外)2種をそれぞれひとつずつと即決しました。

が、ほんとは選ばせてあげたいですね。前もって子どもに聞いておくといいてすね!

改めて、入場!からトミカ組立工場まで!

トミカ組立工場

人それぞれ。ではもちろんありましたが、

展示ゾーン一旦無視してアトラクションゾーンにダッシュ!

する方が一定数…いや、ほとんどでした!

やはり情報社会!みんなやることは同じか!

というわけで、こちらも子どもと小走りでアトラクションゾーンへ。お目当ての「トミカ組立工場」を目指します!

そこはやはり1番人気のアトラクション。

開場前に自分より先に並んでた人達のほとんどがここに集結してる感じでした。

ここでふたつめの誤算!

今回「トミカ組立工場」で作ることができるのはこの3車体。

  • メルセデスベンツ SLS AMG
  • ランボルギーニ レヴェントン
  • マツダ CX-5

入場記念同様、どれがいいかは子どもが決まれば良いと思っていたので、

順番が回ってきたらゆっくり子どもに選ばせよう!

と思っていたんですが…

並ぶ列の時点でどの車の列かが既に分けられてる

のです!

ベンツの列、ランボルギーニの列、マツダの列に最初から分かれてるんですね。

突然予期せず迫られる、しかも即決が求められる選択肢。

これまた子どもに選ばせる時間もなく、マイボーイが好きそうな車の形に最も近いランボルギーニを夫婦で選択

すまん息子よ、父は、母は勝手に決めてしまった…

だって後ろからドンドン人がくるんだもん!

この辺りは下調べが足りなかったなぁと反省しながら並ぶこと約10分

無事順番が回ってき、組立工場は余裕の終了

第一任務完了!

ショッピングから次のアトラクションまで!

トミカ博ショッピングゾーンレジ

さて次は…と周りの状況を伺ってみたところ、ほかのアトラクションにはさほど大きな行列はなさそう

今のうちに買い物を済ませておこうと、ショッピングゾーンに向かいました!

チラホラ人はいるものの、レジなどの待ち時間なしで余裕で買えそうです!

あらかじめ目をつけていた限定トミカをサクッと買ってショッピングも完了!

第二任務完了!

無事買い物もサクッと完了したので、アトラクションゾーンへ戻ります。

この時点で「トミカ組立工場」の待ち時間は既に75分と記載されてまし。

恐ろしいね…。

さぁプレイチケットの残り数と待ち時間、さらにこどもの興味度を見ながら次のアトラクションを決めました!

「トミカつり」は2歳児にはちょっとまだ早そう、「トミカルーレット」より子どもが興味ありそうだったので「やまをこえて行こう!」を選択。

やまをこえて行こう!

まだやはり人気の「トミカ組立工場」に人が集中していることもあり、こちらも約10分くらい並んで無事終了!(ハズレましたけどね…)

第三任務完了!

展示ゾーン見学!から退場まで

展示ゾーン

さぁ、これで計画していたことはすべて達成です。

ドンドン人が増える中、ブラブラと展示ゾーンへ

まぁこの辺は今回の時間攻略の趣旨とは外れるので割愛します。

展示ゾーンではやはり「ビッグダンプスライダー」が大人気でしたね!

でも…うちの2歳児ボーイはやっぱり今はまだ、

トミカよりプラレールが好き!

ってことが改めてわかった展示ゾーンでした。(ショッピングゾーンでも…)

ショッピングゾーンのプラレール

さぁ一通り展示ゾーンも回ったし退場します

退場した時間は10時ちょい過ぎ…。9時開場だったので、

滞在時間は1時間ちょい!

もーちょっと中にいればよかったかなぁ…。と思ってしまうほどの滞在時間ですね♪

でもこの約1時間で、

  • 「トミカ組立工場」「やまをこえて行こう!」2つのアトラクション
  • 狙ってたグッズのお買い物
  • 展示ゾーンで一通りブラブラ

を十分体験することができました!今回の混雑回避の実践レポとしては上々でしょう!

待ちによるイライラはほぼ皆無でした!ノンストレス最高!!

用意してたのに開場前に食べられなかったおにぎりたちを退場後にみんなで食べて帰宅!

おつかれさまでした!

トミカ博 まとめの書

展示ゾーン

そんなわけでほぼほぼ計画通りに希望してたことを進めることができ、全然時間がかからずあっという間に終了しました。

もっと時間かけて楽しめよ!

って声が聞こえてきそうですが、十分楽しみましたよ!

子どもがもう少し大きくなったら、アトラクションをもっとやりたい!とか子どもの要望も出てくるので、また再計画が必要そうですね!

今回うまくいったものの少なからず反省点もあったので、その辺も含めて今回のまとめとさせてもらいます!

  • 朝ごはんは計画的に!
  • 早めの現地到着!(1時間〜2時間前目処)
  • 何が欲しいかどれにするか、下調べして子どもと決めとけ!(これ重要!迷うと時間のロスにつながる)
  • まずは1番人気のアトラクションにダッシュ!
  • その後はその場の状況判断!
  • 展示ゾーンは最後にまったりと!

以上、実践レポをお届けしました!

最後に今回の戦利品です!

左から、

  • 入場記念トミカ「UDトラックス コンドル」
  • 「やまをこえて行こう!」の当たりじゃない方
  • 入場記念トミカ「TDM ツナグーン」
  • 「トミカ組立工場」の「ランボルギーニ レヴェントン」
  • そしてコラボトミカの「広島東洋カープ×トミカ」
トミカ博戦利品